宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

無宗教葬(むしゅうきょうそう)

仏教やキリスト教などの宗教に則らず、宗教者を招かずに執り行う葬儀を指す用語。

解説

仏教であればお坊さん、キリスト教であれば神父を葬儀に招かず、その宗教のしきたりなどに則らずに執り行う葬儀を無宗教葬といいます。お坊さんのいないお葬式も無宗教葬です。近年では宗教に対する価値観の変化によって無宗教葬を選ばれる方が増えてきています。

無宗教葬では読経や焼香などの宗教儀式の代わりに「故人の好きだった歌を参列者全員で歌う」「故人の好きだったものを参列者全員で食べる」「参列者がピアノを演奏する」など自由な内容で葬儀を執り行えます。こうした事から無宗教葬では”故人らしい”お葬式が実現できます。

無宗教葬のメリットとデメリット

無宗教葬にはお坊さんなどの宗教者に対するお布施や寄付などが不要になるというのが最大のメリットです。また、葬儀の全ての時間を故人の為に使うことができるため送る側が納得感のある葬儀を実現できます。

しかし、その一方で親族の理解を得られない場合があるなどのデメリットもあるため無宗教葬を選ぶ場合は十分検討する必要があります。

無宗教葬のお墓はどうすればいいか

無宗教葬を行うと気になるのがお墓だと思います。お墓は寺院が管理していることも多く、お墓によっては特定の宗教や宗派だけに限定していることも多々あります。
実際に無宗教葬を行った場合は寺院が管理するお墓には入れない可能性が高くなります。また、宗派不問という条件のお墓についても仏教であることが前提となっているため入るのは難しいでしょう。宗教自由という条件のお墓であれば問題なく入れると思います。

無宗教葬の場合ですと、お墓選びに際にこのような制限が加わってしまいますが、その一方で無宗教葬であれば樹木葬や海洋散骨、手元供養など供養や安置方法の選択肢が増えるというメリットもあります。

電話をかける(無料) 資料請求