宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

臨終(りんじゅう)

人の死ぬ間際を指す用語。末期ともいう。

解説

人が今にも死にそうな時や状態を臨終といいます。臨終は臨命終時の略語となっており末期(まつご)と言われることもあります。臨終に際して、かつては枕経などが唱えられることがありましたが現在では少なくなっています。

臨終後の流れ

人が臨終となり亡くなった後は亡くなった場所によって異なります。病院で臨終となり亡くなった場合は医師による死亡宣告が行われます。

一方で自宅療養中などで臨終となり亡くなってしまった場合は、まずは主治医に連絡します。主治医によって検案が行われ死亡診断書が交付されます。主治医がいない場合や特に持病などがなかった場合については検視が必要となるので警察に連絡しましょう。

いずれの場合においても死亡が確認された時点で葬儀社に連絡し、ご遺体の搬送を依頼します。基本的に病院では長時間ご遺体を安置することが難しくなっています。また、自宅で亡くなられた場合についてもご遺体の保冷などを行う必要があるため、できるだけ早く葬儀社に連絡しましょう。

葬儀社にはいつ連絡するべき?

病気などの場合は医師などから故人の余命が宣告される場合があります。こうした場合において「あらかじめ葬儀社に連絡しておいた方がいいのか」「臨終の際に葬儀社に連絡したほうがいいのか」「亡くなってから葬儀社に連絡した方がいいのか」など迷われる方もいらっしゃると思います。

あらかじめ葬儀社に連絡してしまうのは大切な人が亡くなることを待っているような気持ちとなってしまい、精神的にキツく感じてしまうこともあると思います。一方で亡くなってから葬儀社に連絡するとご遺体の搬送に時間がかかってしまったり、時間の都合から葬儀社を比較できないなどのデメリットがあります。

葬儀社に連絡しなければいけないタイミングというのは決まっているものではないため、自分の気持ちや状況に応じて、好きなタイミングで葬儀社に連絡するようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求