宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

守り刀(まもりがたな)

人が亡くなった際、遺体と一緒に棺に入れる小刀のことを指す用語。

解説

守り刀(まもりがたな)とは、日本独特の風習のことで、人が亡くなった際に遺体と共に棺に小刀を入れることによって対象者を守る役割を果たすものです。守り刀の置き方としては、まず刃先が遺体の顔に向かないよう足元方向にするようにし、掛布団の上に乗せてから胸元に置きます。その次、納棺が終わった際には火葬時のことも考え棺から取り出しておくようにしてください。なお、刀は鞘に納めたままにするのが一般的で、使用するのも銃刀法の関係上模造刀になります。
また、仏教と神道では守り刀の意味が少し異なりますので、下記を参考にしてください。

宗教ごとの守り刀の役割

神仏習合という言葉もあるように、仏教と神道は日本人にとって非常に親和性の高いものです。しかし宗教によって微妙に考えや役割が違います。その一例として守り刀の役割をご紹介いたします。

仏教

仏教での守り刀の役割は、無事に極楽浄土に渡ることができるようにという「お守り」として活用されています。

神道

神道での守り刀の役割は、人が死んだことによる穢れを祓う目的で活用されています。

電話をかける(無料) 資料請求