宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

枕飾り(まくらかざり)

遺体安置時に利用する簡易版の祭壇のことを指す用語。

解説

枕飾り(まくらかざり)とは、簡単にいえば遺体を安置する際に利用される簡易版の祭壇であり、飾り物でもあります。また、枕飾りがされるのはお通夜前、棺に入るまでのタイミングですので、故人との最後のお別れをする機会に必要な物でもあります。仏式に限っていえば、この枕飾りを利用して「枕経」と呼ばれる故人の旅立ちを僧侶の読経によって行うこともあります。ただし最近ではそうした枕勤と呼ばれる文化をする家庭は減少してきており、枕飾り・枕経をそもそも知らないため省略してしまうという場合も往々にしてあるようです。
仏式の枕飾りに必要な道具については下記を参考にしてください。

枕飾りに必要なもの

枕飾りをするのであれば、まずは飾り台として白木の机や白い布を掛けた机を準備してください。その上で必要な道具は約9つ、①香炉②燭台③花立て④線香立て⑤おりん⑥おりん⑦一膳飯⑧水⑨枕団子が代表的です。ただしこれら全てがなければ枕飾りが成立しないというわけではありませんので、地域や宗派に合わせて準備を進めてください。

電話をかける(無料) 資料請求