宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

法号(ほうごう)

主に日蓮宗において仏の弟子となった証として付けられる名前を指す用語。

解説

日蓮宗では仏様の弟子として仏門に入ると、その証として名前が付けられます。これを法号と呼びます。本来であれば法号は仏門に入り、修行する人に対して授けられるものですが、現在では亡くなった人に授けられる名前になっています。基本的な意味合いとしては戒名と同じになります。法号についてさらに詳しい解説は戒名のページをご覧ください。

電話をかける(無料) 資料請求