宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

本山(ほんざん)

仏教の寺院において、その宗派の中で最上位に位置する寺院を指す用語。

解説

仏教の寺院の中でも、その宗派において一番上位に位置するお寺を本山といいます。宗派などによっては総本山、大本山などと表現する場合もあります。本山に対してその傘下にある寺院を末寺といいます。本山と末寺という寺院の関係がいつ頃から成立したのかはわかっていませんが、江戸時代に制定された本末制度によって現在のような本山と末寺という関係が確立されたと考えられています。

なお、本山は各宗派に一つと決まっているわけではなく宗派によっては総本山が複数、存在する場合もあります。

有名な寺院は本山であることが多く、奈良の大仏で有名な東大寺は華厳宗の大本山となっています。

電話をかける(無料) 資料請求