宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

法名軸(ほうみょうじく)

主に浄土真宗における掛け軸のことを指す用語。

解説

法名軸(ほうみょうじく)とは、主に浄土真宗において死亡年月日や法名が記された掛け軸のことです。浄土真宗は他宗派のように戒名をつけることで初めて仏弟子になれるという認識ではなく、故人は亡くなるとすぐに仏弟子になると考えられています。そのため、戒名の代わりとして法名が与えらえていますが、それを掛け軸に記すというわけです。
法名軸には大きく分けて2種類存在しますので、下記でご紹介いたします。

法名軸の種類

金襴

模様部分や全体に金箔や金糸をあしらった豪華に見える法名軸です。

緞子(どんす)

経糸(たていと)と緯糸(よこいと)で色の違うものを使用することによって、ボリューム感や光沢出した法名軸のことです。

電話をかける(無料) 資料請求