宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

法事・法要(ほうじ・ほうよう)

故人の冥福を祈ってする、仏教形式の儀式が伴ったもののことを指す仏教用語。

解説

法事・法要(ほうじ・ほうよう)とは、故人の冥福を祈るために仏教形式の儀式が伴ったことをするものです。一般的には法事・法要は言い方が違うくらいですることは同じだと認知している方も多数派だと思いますが、実は微妙に違いがあり、それは会食の有無が関係しています。宗教儀式の後に食事があるのが「法事」、食事はないが故人の冥福を祈るのが「法要」という訳です。
また法要と聞くと、初七日に代表される中陰法要や一周忌から始まる年忌(回忌)法要を連想しがちですが、他にも種類がありますのでいくつか下記でご紹介いたします。

法要の種類と役割

開眼法要

開眼法要は四十忌日・百箇日・一周忌といったタイミングで行われることが多いものですが、特に法要の日に指定があるものではありません。というのも、開眼供養自体がお墓等が完成した際に故人の魂を入れることを目的としたもののため、最適な実施時期は完成日になります。なお、開眼供養がされていないお墓・位牌・仏壇等はなんの魂も宿っていないただの無機物です。

閉眼供養

開眼供養とは逆に、お墓等に宿っている魂を抜き出す法要のことです。別の霊園(寺社)に墓を建て直したり、墓じまいをしたり、仏壇を処分したり・・・といった場合に活用されます。

落慶法要(らっけいほうよう)

落慶法要は一般の人にはあまり馴染みのない言葉かもしれません。これは寺社の改修をして作業が完了した時に行われる法要のことで、檀家や僧侶が参加するものです。

納骨法要

納骨法要は故人の遺骨をお墓に入れる際にする法要のことです。最近では納骨を他の法要と同時期に行うのがほとんどなので、単独で納骨法要をする機会は少ないでしょう。

電話をかける(無料) 資料請求