宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

二七日忌(ふたなぬかき・ふたなのかき)

故人の死去日から、14日後に行われる中陰法要のことを指す仏教用語。

解説

二七日忌(ふたなぬかき・ふたなのかき)は、一般的には初七日法要の後に行われる法要のことです。中陰法要の中でも、初七日と四十九日法要が僧侶を呼んで読経や焼香をするのに対し、二七日忌~六十七日忌までは、自宅で故人を偲ぶ家庭が多いようです。そのため法要の段取りをする必要はありませんが、二七日忌が何のために行われるものなのか理解はしておいた方がよいと思われます。詳細は下記をご確認ください。

二七日忌の目的と役割

二七日忌は中陰法要と呼ばれる、四十九日までに7日ごとで行われる裁きの中でも、「生前の盗み」についての審査が初江王の手によってなされます。故人との関係が近しい人が供養することで生前の罪が軽くなるとも考えられていますので、可能な限り中陰法要をするようにしましょう。なお初七日や四十九日のような盛大なものではなく、手を合わせるだけでも供養になりますので、忙しい時でも少しでも時間を取り故人を想ってみてはいかがでしょうか。

電話をかける(無料) 資料請求