宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

仏壇(ぶつだん)

仏教において仏を祀るためのものを指す用語。

解説

本尊や先祖の位牌など置いて祀るためのものを仏壇といいます。仏壇には本尊を安置し、その傍に先祖の位牌を置いて礼拝します。仏壇には扉が付いており、内部は三段構造となっています。中央の最上段には本尊を置き、その下の壇に先祖の位牌を置きます。基本的に仏壇は木製で表面には漆塗りが施されるのが一般的です。なお、仏壇のデザインや構造などは宗派によって大きく異なります。

仏壇の由来や歴史には様々な解釈がありますが、一説によると江戸時代に広く一般庶民に広がったとされています。それ以降、仏壇は日本人の心のよりどころとして受け継がれてきました。

しかし、かつては一家に一つはあった仏壇ですが、近年では宗教への意識の変化や住宅環境の変化によって仏壇のない家庭が増えてきています。こうした仏壇離れの解消を目的としてスペースを取らないミニ仏壇やおしゃれなデザインの仏壇など様々な仏壇が作られるようになってきています。

仏壇を置く方角

仏壇を家庭内に設置する際にはその方角が重要であると言われます。特に仏壇を鬼門に設置するのは避けるべきと言われています。
基本的に仏壇を設置する方角は宗派などによって異なりますが、以下の説に基づいて設置するのが一般的です。

南面北座説(南向き)

仏壇を南向きに設置します。お釈迦様が説法をする際に南向きに座っていたとされることから、その光景を再現したものとされており、曹洞宗や臨済宗でこの置き方が採用されています。仏壇を南向きに置くことで背面に直射日光が当たらず風通しも良くなるため、仏壇の劣化を避けることもできるというメリットがあります。

西方浄土説(東向き)

仏壇を東向きに設置します。仏教では西に極楽浄土があるとされているため、仏壇をお参りする際に極楽浄土の方向を向くことができるということでこの置き方が採用されています。浄土真宗・浄土宗・天台宗ではこの置き方を採用しています。

本山中心説

仏壇を信仰している宗派の本山がある方角に設置します。真言宗ではこの置き方を採用しています。

詳しい仏壇の置き方についてはお寺やお坊さん、仏具店などの方に確認するようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求