宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

彼岸(ひがん)

春分の日と秋分の日を中日として含む前後3日間を彼岸といい、墓参りなどを行う。

解説

春分の日もしくは秋分の日を中日として前後3日間を含む7日間をお彼岸といいます。お彼岸ではお墓参りに行くのが一般的で、お彼岸になると霊園や墓地に多くの人が訪れます。お墓参りと同時にお墓の掃除などメンテナンスを行うこともあります。また、お彼岸ではおはぎやぼたもちをお供えします。

なお、お彼岸の時期には彼岸会(ひがんえ)という仏事が行われます。

彼岸の由来と歴史

お彼岸の由来については様々な説があり、はっきりしない部分があります。また、元を辿るとお彼岸は仏教とは関係ないという説もあります。これは、お釈迦様の教えにはお彼岸に法要やお墓参りをしなさいという教えがないからです。また、日本の仏教に大きな影響を与えたインドや中国でもお彼岸のような行事は見受けられません。

一説によるとお彼岸の由来については春分の日と秋分の日は昼と夜の長さが同じになり、彼岸(この世)と此岸(あの世)の距離が最も近くなることで、祈りが此岸に届きやすく先祖に想いが届くからとも言われています。

このようにお彼岸の歴史や由来を調べてみるとお彼岸は仏教、神道、先祖崇拝、太陽信仰など様々な要素が影響し合って生まれたものと考えられます。

なお、お彼岸がいつから行われるようになったのかということもはっきりとはわかっていません。一説によると平安時代には年中行事として行われるようになり、室町時代には全国的な風習として一般化したと言われています。

電話をかける(無料) 資料請求