宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

納骨法要(のうこつほうよう)

納骨をする際に行う法要のことを指す用語。納骨式ともいう。

解説

納骨法要(のうこつほうよう)とは、その名称通り納骨をするタイミングで行う法要のことです。最近では納骨法要という形ではなく、四十九日法要の流れとして組み込まれていることが多いため、その存在を知らないという人も多いようです。納骨法要の具体的な流れについては下記をご参考ください。

納骨法要の流れ

仏式の納骨法要の流れとしては、まず喪主や遺族による挨拶からはじまり、僧侶による読経、焼香と続いていきます。そして焼香が終わった後、法要に集まってくれた方に感謝を伝える締めの挨拶をして一通りの流れは完了します。また、納骨後に会食の席を設ける場合もありますが、四十九日(忌明け)を迎えているのであれば精進料理ではなく、仕出し弁当や懐石料理といったものを用意してもよいでしょう。

電話をかける(無料) 資料請求