宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

納棺師(のうかんし)

故人の納棺を行う人のことを指す用語。納棺士とも表記される。

解説

納棺師(のうかんし)とは、主に故人の納棺を行う人のことで、他にも葬儀サポート等様々な仕事に携わっている職業のことです。納棺師になるために特別な資格や学歴は必要とされませんが、人の死に関わる重要な仕事であるため、専門的な知識や現場経験が求められます。そのため納棺師に向いているのは「体力」「精神力」「感情の制御」という三要素が備わっている人材です。また、大切な人を亡くされた直後の遺族・親族と直接関わる職業でもありますので、気遣いのできる「視野の広さ」も重要です。

電話をかける(無料) 資料請求