宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

納棺(のうかん)

遺体を棺に入れる作業のことやその流れを指す用語。

解説

納棺(のうかん)とは、お通夜前までに行われる遺体を棺に入れる作業やその流れのことです。また、納棺時に身なりを整えたり、副葬品を遺体と共に入れることによって、故人があの世に向かうための準備をすることができるとされています。
納棺をする際における儀式についての詳細は下記をご参考ください。

納棺の儀式

死装束

仏式でお通夜・葬儀を行う場合には、納棺時に故人に経帷子(きょうかたびら)や頭陀袋(ずだぶくろ)と呼ばれる真っ白な死装束を着せるのが一般的です。最近では死装束として故人の好きだった着物や洋服を着せることもあるそうです。なお、宗派によっては死装束を着せないこともあります。

末期の水

末期の水は納棺時ではなく、病院から自宅等に安置されたタイミングで、「亡くなった人が安らかにあの世に旅立てますように」との想いから親族が口に含ませます。末期の水をする時には、そのまま水を流し込むのではなく、脱脂綿などに染み込ませ唇を湿す程度にするのがよいとされています。

死化粧

女性には薄化粧、男性には髭を剃るといった身なりを整えるためのもので、別名エンゼルケアとも呼ばれています。人の外見は死を迎えてから時間の経過とともに生気を失ったものに変容していきますので、美しい見た目を整えるのも納棺における必須事項です。

副葬品

副葬品とは、故人とともに埋葬・火葬するもののことです。現代では故人の愛用品や好きだった品物、遺族からの手紙といいったものを入れるのが主流ですが、火葬時に燃えカスが残ったり、爆発の危険性があるものは入れられません。

湯灌(ゆかん)

湯灌とは、故人の体をぬるま湯で清めることのことで、湯灌をすることによって生前の穢れや煩悩を洗い流すことにも繋がるとされています。なお、最近では湯灌ではなく清拭で済ませることもあるようです。

電話をかける(無料) 資料請求