宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

年忌(ねんき)

仏教において定められた年単位で行う儀式のこと、あるいは故人の死去した月日のことを指す用語。回忌ともいいます。

解説

年忌(ねんき)とは、故人が亡くなった月日のことや、定められた年単位で故人を偲んで行う儀式のことです。また儀式形式のものは一年忌・三年忌・七年忌ではなく、一周忌・三回忌・七回忌・・・と表現され、正しくは年忌法要と呼ばれています。なお、神道ではこの年忌にあたるものは年祭(式年祭)と呼びます。

電話をかける(無料) 資料請求