宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

六道輪廻(ろくどうりんね)

仏教において六道を輪廻転生するという概念を表す用語。

解説

仏教において六道を輪廻転生するという考えを六道輪廻といいます。仏教における六道とは天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道とされており、人は生前の行いによってこのうちのどれかに転生するとされています。六道のうち天道・人間道・修羅道を三善趣と、畜生道、餓鬼道、地獄道を三悪趣といいます。

六道について

六道とは天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道の6つを表します。ここではそれぞれの道について詳しくご紹介します。

天道

天人が住む世界であり、苦しみのない世界である。

人間道

人間が住む世界であり、苦しみや煩悩も多いが楽しみもある。

修羅道

阿修羅が住む世界であり、争いが絶えない世界である。しかし、地獄のような場所ではないとされる。

畜生道

牛や馬など家畜の住む世界であり、仏の教えをえることができない。

餓鬼道

餓鬼の住む世界であり、犯した罪により36種類のいずれかの餓鬼になるとされ、それぞれ苦しみに満ち溢れている。

地獄道

罪を償わせるための世界であり、苦しみを負わされる。

電話をかける(無料) 資料請求