宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

涅槃(ねはん)

全ての煩悩がない悟りの境地を指す用語。また、釈迦の入滅を指す用語。

解説

全ての煩悩を消し去った、悟りの境地を涅槃といいます。お釈迦様が悟りの境地に達してから亡くなったことから涅槃はお釈迦様が亡くなった日を指す用語としても使われています。

仏涅槃図と涅槃仏

涅槃はお釈迦さまが亡くなった日を表す言葉です。このお釈迦様が亡くなった姿を描いたのが涅槃図です。涅槃図は仏涅槃図と呼ばれる場合もあります。涅槃図には頭を北に向け、顔を西に向けて横になられているお釈迦様が描かれています。

また、涅槃図とは別にお釈迦様が入滅される様子を表した涅槃仏と呼ばれる仏像もあります。涅槃仏は様々なものがありますが、中でもタイのワット・ポーにある涅槃仏は有名です。

電話をかける(無料) 資料請求