宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

南無師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)

弘法大師空海に帰依することを指す用語。

解説

南無師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)とは、「南無」が帰依すること、「師遍照金剛」は空海の金剛名のことを表現しており、併せて空海に帰依しますと意味を持つ言葉です。遍照金剛は正確には「太陽のごとくすべてを照らす慈悲と、人を幸せにする仏さまの砕けることなき智慧の持ち主」として認められた名号として、唐で空海に与えられたものです。
この言葉が唱えられる場面として有名なのは、空海が山岳修行をしていた時代にゆかりのある地を巡る「お遍路」ですが、この際には白衣の背や挨拶にも南無師遍照金剛の言葉が活用されています。

電話をかける(無料) 資料請求