宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

南無釈迦牟尼仏(なむしゃかにぶつ)

お釈迦様に帰依することを指す用語。

解説

南無釈迦牟尼仏(なむしゃかにぶつ)とは、「南無」が帰依すること、「釈迦牟尼仏」がお釈迦様をそれぞれ表現しており、併せてお釈迦様に帰依することを意味しています。この言葉は臨済宗・黄檗宗、曹洞宗が代表的に唱えており、南無釈迦牟尼仏と言ってから読経をはじめることが多いようです。なお、この表現は墓石に刻まれることもあります。
また、曹洞宗のような禅宗では、お経ではなく座禅によって悟りに至ると考えられているため、繰り返し唱えることはしません。

電話をかける(無料) 資料請求