宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

鈴(りん)

読経の際に区切りなどとして叩いて鳴らす仏具を指す用語。

解説

読経の最中に区切りなどとして叩いて鳴らす仏具を鈴といいます。鈴はおりん(お鈴)などと呼ばれ、「りーん」という済んだ美しい音を奏でます。読経の際に、読経を始める合図・区切り・読経の終わりを告げる合図などとして使われます。お鈴は鈴台と呼ばれる台の上に鈴布団と呼ばれる敷物を敷いてその上に載せて使います。お鈴を鳴らすときはお鈴の縁を鈴棒と呼ばれる木製の棒で軽く叩きます。

お鈴は金属製で鉢のような形のものが一般的です。

お鈴の鳴らし方と鳴らす回数

お鈴の鳴らし方としてはお鈴の縁を鈴棒で軽く叩いて鳴らします。叩くときは強く叩かず優しく叩きます。叩く回数については宗教・宗派によって異なります。1回だけ叩く場合もあれば2回連続で叩く場合、2回目だけ強く叩く場合など様々です。お鈴の叩く回数などについてはお寺やお坊さんに確認しましょう。

電話をかける(無料) 資料請求