宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

浄土宗などにおいて唱えられる念仏の一つ。

解説

南無阿弥陀仏は主に浄土宗などで唱えられる念仏の一つです。日本では浄土宗が広く浸透していることから誰もが一度は「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。南無阿弥陀仏は名号の一つで六字名号のことを指します。なお、南無阿弥陀仏を現代の言葉に訳すと「私は阿弥陀如来様に帰依します」という意味になります。

南無阿弥陀仏と浄土宗

浄土宗が日本に広まるまでは、仏教において仏教において悟りを開くには厳しい修業を積む必要があるとされていました。一般庶民にとって修行を積むことは現実的に困難なものでした。

しかし、浄土宗では南無阿弥陀仏を唱えることで阿弥陀仏が救ってくれることで極楽浄土に達することができるとされています。こうした浄土宗の「南無阿弥陀仏を唱えるだけでもよい」という部分が当時の民衆から広く支持を集め、広く日本において浄土信仰が広まったとされています。

なお、浄土宗における「南無阿弥陀仏を唱えるだけでもよい」という解釈については宗派などによっても若干異なるため、注意が必要となります。

電話をかける(無料) 資料請求