宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

直会(なおらい)

神道において祭祀が終わった際に、神酒を飲み神饌を食べる事を指す用語。

解説

神道において祭祀が終わった際に、参加者全員で神様に捧げた神酒を飲み神饌を食べることを直会といいます。これは神様が召し上がったものを頂くことで、神様との結びつきを強くすることを願って行われるものとされています。基本的にどのような祭祀であっても直会は行われるものとされています。

なお、神式の葬儀で行われる直会は仏式での通夜振舞いに相当するものとされています。

神饌として用いられるもの

神饌として用いられるものはお米・魚・野菜などの食べ物があげられます。これらの食べ物は調理されたものではなく、食材のままの形でお供えされるのが一般的です。直会ではこれらの食材を調理したものが提供されます。

電話をかける(無料) 資料請求