宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

得度(とくど)

仏教において僧侶になるためにする儀式のことを指す用語。

解説

得度(とくど)とは、仏教における僧侶になるためにする儀式のことで、式そのものは得度式といいます。正式な式では、その場で師匠になる僧侶(住職)に髪を落としてもらい、僧侶にとって必須ともいえる衣、袈裟を受け取り、その後に戒法を受けることで晴れて僧侶の見習いになることができます。
なお、現代では儀式中に剃髪するのは稀で、前日に美容院や床屋で頭を丸めてから望む方が大半のようです。そうした時でも剃刀を頭皮にあてるだけでもよいとされていますので問題はありません。

電話をかける(無料) 資料請求