宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

道号(どうごう)

仏教において戒名につける用語の一つことを指す用語。

解説

道号(どうごう)とは、仏教において戒名を構成する用語の一つであり、現代では格付けの認識で使用されているものです。位牌は基本的に院号・道号・位号の順で戒名が記されるのですが、浄土真宗には戒名が存在しないため道号を使用することはありません。
また、道号には戒名との2文字の調和に重きを置いているため、生前の趣味を反映した漢字や職業を表現する漢字が使用されることもあります。

電話をかける(無料) 資料請求