宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

併修(へいしゅう)

二つ以上の法事・法要を合わせて行うことを指す用語。合斎とも。

解説

祖母の七回忌と祖父の十三回忌が同じ年に行われる場合に、これら二つの法事・法要を同時に執り行うことを併修といいます。併修は合斎(ごうさい)と呼ばれることもあり、親族などが同じお寺で法要を執り行う時などに行われる場合があります。一般的に一周忌までは併修ではなく単独で行うべきものと去れています。併修について詳しくは合斎の解説をご覧ください。

電話をかける(無料) 資料請求