宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

天台宗(てんだいしゅう)

日本に十三ある仏教宗派の一つで、最澄によって伝えられたもののことを指す用語。

解説

天台宗(てんだいしゅう)とは、日本仏教で十三ある宗派の一つで、平安時代に中国に渡った最澄の手によって伝えられたものです。比叡山延暦寺を本山とするこの宗派の教えとしては、お釈迦様の説いたものを中心としており、全ての人々は仏の心を持っていて平等に成仏できるというものです。また、天台宗は十三宗派のルーツとしても知られており、特に浄土真宗・浄土宗・日蓮宗・曹洞宗・臨済宗は天台宗の教えを受け継いでいる部分が随所に見られます。
なお、天台宗の修行には常坐三昧・常行三昧・半行半坐三昧・非行非坐三昧を合わせた四種三昧や、比叡山の峰を一日30kmほど歩き巡拝する千日回峰行などがあります。

電話をかける(無料) 資料請求