宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

弔い上げ(とむらいあげ)

特定の年忌法要を区切りとして、それ以降、年忌法要を行わないことを指す用語。

解説

三十三回忌や五十回忌において故人が極楽浄土に達した物と考え、それ以降に年忌法要を行わないことを弔い上げといいます。これは、魂は33年で極楽浄土に行くという仏教の教えに基づいたものになっています。一部の地域や宗派によっては五十回忌で弔い上げとなります。また、一般的に弔い上げはその他の年忌法要に比べると盛大に行われる傾向があります。弔い上げとなった場合、位牌は不要となりますのでお寺で位牌をお焚き上げしてもらうなどする必要があります。

現代の弔い上げ

本来であれば弔い上げは三十三回忌や五十回忌で行われます。しかし、近年では高齢化によって年忌法要の喪主となる人の年齢も高くなっており、三十三回の前に弔い上げを行う人が増えています。特に高齢が原因で体力的に法事・法要が執り行えない人は早めに弔い上げを行うことがあります。また、故人を知る人がいなくなった時点で弔い上げを行う場合もあります。

電話をかける(無料) 資料請求