宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

追善供養(ついぜんくよう)

仏教において、故人に対して行う供養のことを指す用語。

解説

追善供養(ついぜんくよう)とは、この世に生きている人間が善行をすることで故人の善行になり、それがまた生者に帰ってくるという考えによるものであり、故人に対して行う供養のことです。そのため、常日頃から仏壇に手を合わせたりお供え物をしたり、寺院で写経をすることも追善供養だといえるのですが、中には儀式を伴う追善供養もありますので、下記で種類や費用をご紹介いたします。

儀式形式の追善供養

中陰供養

中陰供養は故人の死去日から、四十九日を迎えるまでの期間に行われる供養のことです。中陰の期間には、故人は閻魔様から転生のための裁きを7日ごとに受けるので、その裁きが少しでも良くなるように願って七日間隔で供養をします。ただし最近では中陰供養の一つである「初七日法要」は葬儀と同日に行うケースも見受けられます。

年忌法要

年忌法要は年と表記されている通り、年単位で行われる供養のことです。年忌法要では主に一周忌と三周忌には僧侶と参列者を呼んで読経をしてもらいますが、それ以降は家族だけで法要をする傾向が高くなりつつあります。

追善供養の費用

お墓参りや仏壇に手を合わせるといった追善供養には当然費用は掛かりませんが、儀式を伴うものだと相応のお金が必要になります。僧侶を招くのであればお布施・車代・ご膳料といったもので3万~10万、これに参列者を招待するのであれば会食費や引き出物が上乗せされます。

なお、浄土真宗では人は死ぬとすぐに仏になると考えられていますので、追善供養の必要はありません。

電話をかける(無料) 資料請求