宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

追悼ミサ(ついとうみさ)

キリスト教における儀式の一つで、仏教での法要と同等のものを指す用語。

解説

追悼ミサ(ついとうみさ)とは、仏教の法要にあたるキリスト教の儀式のことです。キリスト教は大きくカトリックとプロテスタントと呼ばれる2つの宗派に分かれますが、追悼ミサはカトリックでしか行われません。追悼ミサは、故人が死去してから3日目・7日目・30日目に教会を会場に開かれ、その場には親族を始め友人知人などが招待されることになります。そして聖歌斉唱・祈祷・聖書の朗読などを行い、ミサ終了後には教会や自宅に集まって茶話会として故人を偲ぶ時間が設けられます。
また、追悼ミサで一番重要視されているのは一年後の命日(召天記念日)に開かれる「死者記念ミサ」で、この時は盛大に行われるそうです。死者記念ミサを終えると、その後は区切りのいい10・20年といった年数で追悼の機会が設けられます。
なお、カトリックの典礼暦における11月2日は「死者の日」として定められており、1人の人間ではなく、これまでに亡くなったキリスト教徒信徒を記念して「万霊節(オールソールズディ)」が催されます。

電話をかける(無料) 資料請求