宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

弔電(ちょうでん)

葬儀に参列できなかった人が、お悔やみの気持ちを伝える目的で利用する電報を指す用語。

解説

弔電(ちょうでん)とは、葬儀・お通夜に直接参列はできないが、お悔やみの気持ちを伝えたいという時に利用される電報のことです。弔電を送る時には目的に合わせた利用が必要となり、葬儀の日時が差し迫っている・相談しながら弔電内容を決めたいという方は115番に電話するのをおすすめします。葬儀までの時間に余裕がある・自分で弔電内容を決めたいという方はインターネットを活用するのがよいでしょう。
また、弔電は弔辞ほど責任の重いものではありませんが、それでも故人に対してのお悔やみを伝える目的を持っています。最低限のマナーや料金については下記をご参考ください。

弔電のマナー

弔電はお通夜や葬儀が行われる場所に直接届けられますので、事前に会場や電話番号を下調べしておきましょう。また、喪主や遺族に弔電を送ることを伝えておかないと、受け取り時のトラブルを招きかねないため注意してください。
弔電の必須記載事項としては、宛名・差出人・お悔やみの言葉です。特にお悔やみの言葉には「忌み言葉」という、重ね重ね、度々といったものや死ぬといった直接的な言葉は避けるようにしてください。

弔電の利用料金

弔電の利用料金は文字数・台紙・受付時間などによって左右されますが、一般的には3,000~5,000円程度でしょう。台紙の選択基準に関しては故人との関係性によって変わりますので、心配な方は弔電を受け付けている会社のオペレーターに直接質問するのがよいでしょう。

電話をかける(無料) 資料請求