宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

灯明供養(とうみょうくよう)

故人の供養のために火を供えることを指す用語。

解説

ろうそくに明かりを灯すなど、故人の供養のために火を供えることを灯明供養といいます。一般的な灯明供養ではお墓や仏壇にろうそくなどに火をつけてお供えします。

灯明供養を行う理由

灯明供養は古来から行われてきた供養の方法の一つです。灯明供養が行われるようになった最大の理由は仏典に「灯明供養をすることで受ける徳は大きい」と書かれているからだそうです。もう少し詳しく説明すると、ろうそくなどの灯明は煩悩を消し去ってくれるとされています。こうしたことから灯明供養が行われるようになったと考えられています。

電話をかける(無料) 資料請求