宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

手元供養(てもとくよう)

故人の遺骨を自宅など身近な場所に置いて供養することを指す用語。

解説

故人の遺骨をミニ骨壺などに入れて自宅など身近な場所に置いて供養することを手元供養といいます。近年では手元供養をする人が増えているとされており、ミニ骨壺の他にも遺骨をネックレスなどジュエリーに変えて身に着けるという人もいます。手元供養のメリットとしては場所を選ばずどこでも故人を供養できること、お墓が必要ないため墓じまいができることなどがあります。また、手元供養であれば遺族一人一人が各々の好きな形で故人を供養できることもメリットです。

このように手元供養にはメリットもたくさんありますが、デメリットもあります。手元供養の最大のデメリットは遺族など周囲の理解を得られないことです。手元供養はまだまだ新しい供養の形であるため「遺骨はお墓に安置するもの」という考え方の人が多く、手元供養について理解を得られない可能性があります。こうした人に対しても丁寧な説明を行うことで手元供養を行うことができるかもしれません。

遺骨からダイヤモンドを作る

手元供養の中で最も一般的なのが自宅に置くミニ骨壺ですが、最近では遺骨からダイヤモンドを作ってアクセサリーにするのも人気があります。遺骨から炭素だけを取り出し、高温高圧でダイヤモンドを合成します。このダイヤモンドを加工して手元供養用のジュエリーを作ります。遺骨からダイヤモンドを作るには数十万円の費用が掛かるのがデメリットとなりますが、キレイなダイヤモンドはジュエリーとしても身に着けやすく、いつでも故人を身近に感じることができます。

電話をかける(無料) 資料請求