宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

通夜(つや)

仏式の葬儀において葬儀の前に行う儀式を指す用語。

解説

葬儀を仏式で行う場合に、葬儀の前に行う儀式を通夜といいます。一般的に通夜は葬儀前日の夕方に執り行われます。通夜では僧侶を招いて読経を行い、参列者が焼香を行います。かつての日本では通夜は葬儀の前日に夜通し行われ、親族や友人などの関係者が弔問に訪れる中で故人との思い出を語るというのが一般的でした。しかし、近年の通夜は1時間~2時間程度で執り行われる儀式的なものが多くなっており、こうした通夜を半通夜といいます。また、家族や身内だけで執り行う通夜のことを仮通夜といい、仮通夜の後に友人など関係者を招いて執り行う通夜を本通夜といいます。

なお、仕事などの都合によって葬儀に参列できない場合は通夜のみに参列するというのも一般的です。地域によっては葬儀に参列するのは親族や故人と特に親しい関係者のみという慣習もあります。

通夜を行う理由

日本では古くから通夜を行う慣習がありました。その理由としては医療技術が未発達だったことにより人が亡くなっても生き返る(仮死状態だった)ことがあったからだと言われています。こうした事から人をすぐに埋葬せずに一晩おいてから埋葬するために通夜が執り行われたと言われています。医療技術が発達した現代では仮死状態かどうかを見極めれるようになったわけですが、こうした通夜の風習が残り、現代でも通夜が執り行われているとされています。

また、葬儀は昼間に行われることが多く、平日に行われることも珍しくありません。社会人であれば平日の昼間というのは仕事をしている時間となるため、葬儀に参列するハードルは高くなります。しかし、通夜であれば夕方に執り行われるのが一般的であるため、社会人でも参列できます。こうした参列のしやすさという面でも通夜は大きな役割を果たしていると言えます。

電話をかける(無料) 資料請求