宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

仏飯(ぶっぱん)

仏様や仏壇に供えるご飯を指す用語。

解説

主に仏壇や仏様にお供えするご飯を仏飯といいます。一般的に仏飯は白米で朝炊いた炊き立てのご飯を仏飯器という専用の器に入れて仏壇にお供え増します。お供えしたご飯はお昼頃には下げるのが一般的です。仏飯器の種類やご飯の盛り付け方は宗派などによって異なるため、不明な場合はお寺やお坊さんに確認するようにしましょう。

仏飯の考え方

仏様や仏壇にご飯をお供えすることを仏飯といいますが、仏飯は私たちが毎日ご飯を食べれることを感謝して行われているものとされています。毎日、慌ただしく過ごしていると忘れがちですが、食べ物に対する感謝の気持ちを忘れないためにも仏飯を行うようにしましょう。

下げたご飯はどうすればいいのか

仏飯としてお供えしたご飯はお昼ごろには下げるのが一般的です。下げたご飯についてはそのまま食べてしまっても問題ありません。なお、仏飯のご飯を食べる前提でお供えする時にラップをかけるのは避けるべきであるとされています。

電話をかける(無料) 資料請求