宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

忌中法要(きちゅうほうよう)

忌明けまでの期間に行われる七日ごとの法要のことを指す用語。中陰法要ともいう。

解説

忌中法要(きちゅうほうよう)とは、忌中といわれる四十九日までの期間に七日ごとで行われる法要の総称です。これに対して「忌明け法要」は四十九日法要のことを意味していますが、このタイミングで忌中の間(49日間)死者の魂が成仏することができずにいた故人は、ようやく極楽浄土へ向かうことができるとされています。
忌中法要の内訳と簡単な内容については下記でご紹介いたします。

忌中法要の内訳と内容

初七日法要

初七日法要は故人の死去日から数えて7日目に行われる、特に重要な法要のことです。故人の初めての追善供養の機会でもあるここでは、読経やお供えをします。また、最近では葬儀と同時に初七日法要をすることも多いとされています。そのため、参列者の立場からは、葬儀の際に初七日法要があることも視野に入れて葬儀とは別で香典を用意しておくとよいでしょう。

二七日法要~六七日法要

二七日法要~六七日法要は、それぞれ四十九日法要までに七日間おきに行われる法要のことです。一般的には宗教儀式を伴う事柄は省略されることが多いため、家族だけで線香を上げる等の供養をします。

なお、忌中法要に参列する場合には服装への配慮も重要で、正礼装・略礼服のどちらかを着用するようにしましょう。ただし、家族だけの時は喪服でも構わないとされています。

電話をかける(無料) 資料請求