宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

秘密証書遺言(ひみつしょうしょいごん)

遺言書の内容を秘密にした状態で作成される遺言を指す用語。

解説

遺言書の内容を相続人や証人などに秘密にした状態で作成される遺言を秘密証書遺言といいます。秘密証書遺言は遺言の内容を秘密にできるほか、自筆証書遺言とは違いパソコンで遺言を作成できるなどいくつかのメリットがあります。秘密証書遺言を作成するにあたっては2人以上の証人が必要であること、公証役場で遺言書の存在を確認してもらうこと、遺言を実行する際には家庭裁判所で検認が必要になることなどの条件があります。秘密証書遺言は作成するのに手間とお金がかかる上に、遺言の内容を公証人などが確認できないため正しい形式で遺言書が作成されておらず無効となることも多々あるため、あまり作成されることはありません。なお、秘密証書遺言の作成は以下の流れで行われるのが一般的です。

秘密証書遺言作成の流れ

①:遺言を自筆もしくはパソコンを使って作成し、自筆での署名・押印をする。
②:遺言書を封等に入れて押印する。押印の際の印鑑は①で使用したものと同じものを使う。
③:2人の証人と一緒に公証人役場に遺言書を持っていく。
④:遺言書を提出した日付が入った用紙を公証人から渡されるため、証人と遺言者が署名と押印をする。
⑤:遺言書は自身で保管する。

*上記は作成の流れの一例であり、その正確性を保証するものではありません。

秘密証書遺言のメリット

秘密証書遺言の最大のメリットは遺言の内容を本人以外に秘密にできることです。証人はもちろん公証人などにも中身を見られることはなく、完全に秘密にできます。また、秘密証書遺言は遺言者自身が封入するため、遺言者本人が書いたかどうかの確認が不要となります。さらに、自筆ではなくパソコンで作成することも可能です。

秘密証書遺言のデメリット

メリットが多い秘密証書遺言ですが、デメリットもあります。まず、秘密証書遺言は公証人はもちろん、行政書士などの専門家も中身を確認することができないため遺言書の形式に則っていない間違った遺言書が作成される可能性があります。この場合、遺言書は無効となります。さらに証人を二人集める必要があり、この証人についても各種条件があるため証人探しにも労力が必要となる可能性があります。

こうしたデメリットから秘密証書遺言が作成される数はかなり少ないものとなっています。

電話をかける(無料) 資料請求