宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

聖体拝受(せいたいはいじゅ)

キリスト教において、パンとぶどう酒を体に入れる儀式を指す用語。

解説

聖体拝受(せいたいはいじゅ)とは、イエス・キリストの血と肉に見立てられたパンとぶどう酒を身体に受け入れることです。これはキリストが磔の刑に処される前日に行った最後の晩餐において、パンとぶどう酒を手に取り「これが私のからだである」「これが私の血である」と宣言して弟子に分け与えたという、新約聖書にも記載されている逸話からの流れによるものです。実際に聖体拝受をする際には、決まり事として空腹にしてから教会を訪れ、神父から渡されたパンとぶどう酒を食してから祈りの言葉を捧げます。
なお、聖体拝受ではパンは噛まずに飲み込まなければならないため注意が必要です。

電話をかける(無料) 資料請求