宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

念仏(ねんぶつ)

名号を口に出すことを指す用語。特に日本では南無阿弥陀仏と唱える事を指す。

解説

名号(仏様や菩薩様の称号)を口に出すことを念仏といいます。日本では浄土系の宗派で唱えられる「南無阿弥陀仏」という念仏を指すことが一般的です。念仏にはいくつかの種類があり、仏様の徳をたたえる観念念仏や臨終に際して唱える臨終念仏などがあります。

念仏とお経の違い

念仏とお経はよく同じものであると思われがちですが、実際には異なります。念仏は仏様の称号を唱えるものであり、仏様を思い浮かべ念じるときに唱えるものです。それに対してお経はお釈迦様の教えを唱えるものとなっています。念仏とお経は葬儀や法要などに置いて同じタイミングで唱えられることも多いため混同されがちです。しかし、念仏とお経は同じものではないのです。

念仏と浄土宗

念仏と密接な関係を持つのが浄土宗です。浄土宗の教えでは南無阿弥陀仏という念仏を唱えることで極楽浄土に導かれるとされています。この「念仏を唱えることで極楽浄土に導かれる」という教えはシンプルでわかりやすいため多くの人から支持されるようになりました。こうした事が日本では広く浄土系の宗派が信仰されている理由の一つと考えられています。

電話をかける(無料) 資料請求