宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

席次(せきじ)

葬儀や法要などにおける座席の並び順を指す用語。

解説

葬儀や法要などにおいて座席に座る順番を席次といいます。通夜・葬儀では一般的に祭壇に向かって中央に僧侶、左側に来賓や葬儀委員長、右側に喪主や遺族が着席します。一般参列者は先着順に座ります。葬儀においても下座と上座があり、祭壇から遠くなるほど下座となります。葬儀では喪主や遺族が上座に座ります。また、遺族については祭壇に対して右側に座ります。

遺族の席順

葬儀での席次は遺族・親族が右側に座るのが一般的です。しかし、この遺族の中でもさらに席次があります。基本的には喪主と遺族が最前列に座ります。また、中心に近い席ほど上座となるため、喪主は最前列の左側の席に座ります。それ以降の席次については血縁関係が深い順番に座っていきます。

葬儀の席次で注意すべきこと

葬儀での席次は座る順番だけではなく注意すべきことがいくつかあります。まず、席次は地域や宗派などによっても多少異なるため、必ずしも上で紹介した席次になるわけではありません。席次がわからない場合は葬儀場のスタッフに確認するようにしましょう。次に子連れの方などについては式中に子供が泣いてしまうことなどに備えて、出入口の近い席に案内してあげるのが適切です。このように葬儀の席次については臨機応変に対応するようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求