宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

回し焼香(まわししょうこう)

葬儀において、抹香と香炉が載ったお盆を回して、自分の座席で焼香することを指す用語。

解説

葬儀において焼香といえば祭壇の前でするのが一般的ですが、抹香と香炉が載ったお盆を回して自分の座席で焼香することを回し焼香といいます。回し焼香は葬儀場が狭く、参列者が移動しにくい場合や参列者の中に高齢者が多い場合などに行われます。回し焼香はお盆を回す必要がある為、誤ってお盆を落としてしまわないように注意する必要がありますが、焼香自体のやり方については一般的な焼香と同じです。

回し焼香の仕方

近年では家族葬の増加に伴って葬儀場も小規模なものが増えています。小規模な葬儀場ではスペースの都合から回し焼香が行われる機会が増えています。また、参列者に高齢者が多い場合においても回し焼香が選ばれる場合があります。ここでは回し焼香の作法をご紹介します。

①:香炉が載ったお盆を受け取る

回し焼香では小さなお盆の上に香炉と抹香が載った状態で回されてきます。前の人から香炉を受け取る際は軽く会釈をしながら受け取ります。

②:焼香する

香炉を受け取ったら、香炉の前で手を合わせて遺影を見つめつつ一礼します。一礼をしたら抹香をつまんで香炉に入れます。抹香を入れる回数は宗派によって異なるため、自分の宗派に合わせて入れます。

③:香炉が載ったお盆を次の人へ回す

焼香を終えたら遺影に向かって一礼し、香炉が載ったお盆を次の人に回します。

自分が最後だった場合

回し焼香で自分が最後の番だった場合は香炉を喪主に渡すようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求