宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

六道銭(ろくどうせん)

三途の川を渡る費用として、棺に入れる副葬品を指す用語。六文銭、冥銭とも。

解説

故人が三途の川を渡る費用として棺に入れる副葬品を六道銭といいます。六道銭は六文銭とも呼ばれかつては六文に相当する貨幣を棺に入れて火葬していました。現在では実際に貨幣を入れるのではなく六文銭を模して紙に印刷したものを棺に入れます。

六道銭として本物の貨幣を入れるのは禁止

かつては実際に棺に貨幣を入れていましたが、近年では実際に棺に貨幣を入れるのは稀です。その理由としては貨幣を意図的に燃やすことが貨幣損傷等取締法によって違法とされているためです。また、硬貨は金属のため、火葬をしても燃え残ってしまいます。こうした理由から火葬場においても貨幣を棺に入れるのは禁止されています。

基本的には葬儀社が用意する紙に印刷された六道銭を入れます。

電話をかける(無料) 資料請求