宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

袱紗(ふくさ)

絹や縮緬などを1枚または表裏2枚合わせにした香典などを包むために使われるもの。

解説

香典などを包むために使われるもので、絹や縮緬などを1枚または表裏2枚合わせにした布を袱紗といいます。袱紗は香典に限らずご祝儀を包むためにも使われます。袱紗は用途によって色が異なります。紫・緑・紺など暗い色のものは弔事に使われます。一方で紫・赤・朱など明るい色のものは慶事に使われます。なお、紫色は慶事と弔事の両方に使えます。また、袱紗には刺繍などが施されているものもありますが派手なものは弔事には向きません。

袱紗の形状

袱紗にはいくつかの形状があります。ここでは代表的な袱紗の形状をご紹介します。

風呂敷タイプの袱紗

風呂敷タイプの袱紗は正方形の1枚の布のような形状です。香典などを包むのが多少難しいですが、正式な場面で使われるタイプになります。

留め具付きタイプの袱紗

留め具付きタイプの袱紗には包んだ後に布が開いてしまわないように留め具が付いています。風呂敷タイプの袱紗ですと持ち運んでいる最中に香典が飛び出てしまう可能性もありますが、留め具付きタイプの袱紗であればこうした心配もありません。

台付きタイプの袱紗

台付きタイプの袱紗は袱紗の中で香典などが動かないように留めるためのゴムが付いている袱紗です。袱紗の中で香典が動かないため、香典袋の型崩れを防ぐことができます。台付きタイプの袱紗には留め具もついているのが一般的です。

電話をかける(無料) 資料請求