宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

粗供養品(そくようひん)

葬儀の際に弔問してもらったことに対する感謝の気持ちとして渡す品物を指す用語。

解説

葬儀の際に焼香や参列によって弔問してもらったことに対する感謝の気持ちとして参列者に渡す品物を粗供養品といいます。粗供養品は喪主や施主から送るのが一般的です。粗供養品は会葬返礼品として渡されることもあります。会葬返礼品として渡す場合は会葬礼状も併せて渡します。粗供養品には白黒か黄白の結び切りの水引の、のしを付けます。表書きは「粗供養」もしくは「志」と書きます。

粗供養品の金額の相場としては500円~1500円程度が一般的です。なお、香典の即返しを行う場合でも粗供養品は別で渡します。

粗供養品として渡すもの

粗供養品として渡すものには後に残らない消えものを送るのが一般的です。具体的には洗剤やタオルなどの日用品、日持ちのするお菓子や海苔、お茶やコーヒーなどを粗供養品として渡すのが一般的です。

電話をかける(無料) 資料請求