宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

葬儀委員長(そうぎいいんちょう)

社葬や団体葬など大規模な葬儀において葬儀の手配や進行を取り仕切る人を指す用語。

解説

社葬や団体葬など大規模な葬儀において葬儀全体を取り仕切り、葬儀の手配や進行を行う人を葬儀委員長といいます。葬儀委員長は葬儀の最高責任者にもなります。一般的に葬儀委員長は肩書を持つ人物となっており、社葬であれば社長や会長などが葬儀委員長を務めます。個人の葬儀の場合は自治会の会長などが葬儀委員長を務めることが多くなっています。

しかし、近年では葬儀社が葬儀委員長の代わりを務めることも多くなってきており、社葬や団体葬において葬儀委員長を立てることは稀になってきています。

葬儀委員長の役割

葬儀委員長の役割は主に2つあります。一つは葬儀の事前準備において実務を担当する葬儀委員に指示を出すことです。誰が何をするのかを具体的に決めていきます。また、葬儀に関する予算について喪主と確認・相談するなど葬儀全体を取りまとめる役割を担います。さらに、葬儀当日についても葬儀委員や葬儀業者に指示を出すなど喪主と共に葬儀の進行をサポートしていきます。

葬儀委員長のもう一つの役割としては葬儀当日の挨拶や参列者への接待などがあります。葬儀委員長は葬儀の顔ともなるため挨拶や弔辞を述べる必要があります。また、参列者に対して気配りを行うなどきめ細やかな対応を求められます。

電話をかける(無料) 資料請求