宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

聖餐式(せいさんしき)

キリスト教の儀式で「最後の晩餐」に由来するもののことを指す用語。

解説

聖餐式(せいさんしき)とは、イエス・キリストが「最後の晩餐」において、パンとぶどう酒を弟子たちに分け与えたことに由来するキリスト教の儀式のことです。最後の晩餐の際にイエス・キリストは「パンは私のからだであり、杯は私の血による契約である」と宣言したとされており、現代においてもキリスト教徒はこの儀式年に1回行い、キリストに対する信仰を保持しています。ただし洗礼を受けていない非信徒はこの儀式に参加できないとする教会が多いようです。
また、最後の晩餐はイエス・キリストが磔の刑に処される前夜に催された会食のことであり、ここには十二使徒と呼ばれる弟子たちが列席していたとされます。

電話をかける(無料) 資料請求