宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

清祓の儀(せいばつのぎ・きよはらいのぎ)

神道において、神棚や御霊舎に貼った白紙を剥す儀式のことを指す仏教用語。

解説

清祓の儀(せいばつのぎ・きよはらいのぎ)とは、身内に不幸があった際に神棚封じとして貼られた白紙を剥す儀式のことです。最近では五十日祭と呼ばれる、仏教にとっての四十九日法要と同等の意味合いを持つ法事と同日にされることが多いのですが、本来は五十日祭が終わって次の段階としての儀式です。なお、五十日祭は忌明けとするためのものです。
五十日祭では清祓の儀以外にも多くの儀礼が存在しますので、下記を参考にしてください。

五十日祭の儀礼

合祀祭

故人の霊を仮霊舎から祖霊舎に移す儀礼です。合祀を行うことによって、故人の御霊は祖霊と共に家の守護神になります。

献饌

故人の祭壇や墓前にお供えをする儀式です。献饌をする際には故人の好きだった物で構わないとされていますので、持参する時には生前の好みを聞いておくとよいでしょう。

祝詞奏上

祝詞奏上は仏式における読経と同等のものです。神霊に感謝と信奉を伝えることを目的としています。

玉串奉奠

玉串奉奠は仏式における焼香と同等のものです。榊の枝に紙垂を結んだものを祭壇に捧げていきますが、その順序は喪主→遺族→親族→友人→その他といった具合です。

直会

直会では献饌として祭壇に捧げたものを頂く会食の機会です。また、献饌以外にも仕出し弁当などを用意することもあります。

電話をかける(無料) 資料請求