宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

世話役(せわやく)

葬儀において喪主や遺族以外で準備や運営に関わる人物を指す用語。

解説

葬儀・葬式で喪主や遺族以外で準備や運営を行う人を世話役といいます。世話役は故人が住んでいる地域住民や職場の人、友人など故人と親しかった人の中から協力者を募って選出します。世話役は葬儀の事前準備や葬儀当日の受付など葬儀全般をサポートします。

しかし、近年ではほとんどの葬儀を葬儀場で行うことで葬儀における準備すべきこと自体が減っていることや葬儀の準備の大半を葬儀社が代行してくれることから世話役を募るケースは減っているとされています。また、近年では家族葬など小規模な葬儀も増えており、そもそも世話役を必要としないケースも多々あります。

世話役の役割

世話役にはそれぞれ役割があります。ここでは代表的な世話役の役割をご紹介します。

世話役代表

世話役の中でもリーダーのような立ち位置になります。世話役全体を統括し、役割分担や管理などを行います。

受付係

葬儀当日に参列者に記帳を促したり、香典を預かります。場合によっては香典返しを渡す、荷物を預かるなどの役割を担う場合もあります。

案内係

葬儀場で参列者を案内・誘導するのが役割です。

会計係

香典の集計や管理を行うのが役割です。参列者数によってはかなりの現金を管理することになるため、特に重要な役割となります。会計係は受付係と兼任になる場合が多々あります。

世話役へのお礼

葬儀で世話役を引き受けて頂いた方にはお礼を渡すのが一般的です。世話役のお礼は白色の封筒に現金を入れて渡します。お礼の相場は地域や相手との関係にもよりますが、5000円~1万円程度が相場とされています。相手が目上の方で現金を渡し辛い場合は、香典返しと同じ洗剤やタオルなどの日用品や日持ちのするお菓子やお茶などを渡しましょう。

電話をかける(無料) 資料請求