宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

信士(しんじ)

男性の戒名の最後につく位号の一つを指す仏教用語。

解説

信士(しんじ)とは、仏教において人が死去した後につける戒名の最後の漢字2文字(位号)を指す単語です。位号は仏教徒の階級を現すものでもあり、お寺にどれだけ貢献することができたかを基準に判断されます。現代ではその貢献度を図る手段がお布施という形になっているため、約30~50万ほどの金額相場で僧侶につけてもらえます。しかし身分制度の存在していた江戸時代頃までは、下級武士に付けられていた位号だったようです。なお、一般市民の男性には善男という位号が付けられていたそうです。

電話をかける(無料) 資料請求