宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

通夜の儀(つやのぎ)

キリスト教の葬儀において執り行われる仏式の通夜に相当する儀式。

解説

キリスト教の葬儀において仏教形式の葬儀に該当する儀式を通夜の儀といいます。通夜の儀はプロテスタントでは前夜式、カトリックでは通夜の祈りと呼ばれています。本来であればキリスト教には通夜に値する儀式というのは存在しないのですが、日本のキリスト教では通夜の代わりに通夜の儀を執り行います。

通夜の儀では讃美歌の合唱や聖書の朗読、牧師(神父)による説法などが行われます。また、焼香の代わりに献花を行います。最後に喪主の挨拶が行われ、茶話会という仏式での通夜振舞いに相当する行事が執り行われる場合もあります。

献花の方法

通夜の儀において献花は焼香に代わる重要なものです。ここでは通夜の儀における一般的な献花の方法をご紹介いたします。

献花の方法
・祭壇に進み、花が右手にくるように花を受け取る
・遺影に向かって一礼する
・祭壇側に花の根元がくるように花を時計回りに回す
・左手の甲を下に向け、茎の下に右手を添えながら献花台に置く
・深く一礼する
・献花終了後は遺族、神父に一礼してから席に戻る

通夜の儀で遺族にかけてはいけない言葉とは

通夜の儀では喪主や遺族に挨拶する機会もあるかと思います。この際、遺族に対してかけてはいけない言葉があります。キリスト教の教えでは「死は不幸なものではない」とされているため仏式の葬儀でよく使われる「お悔やみ申し上げます。」という言葉は不適切とされています。通夜の儀で喪主や遺族に挨拶する際には「安らかな眠りをお祈りいたします」というような言葉にするようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求