宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

親族(しんぞく)

血縁関係もしくは婚姻関係によって繋がりを持つ人物を指す用語。親戚とも。

解説

血縁関係や結婚などによって繋がりを持つ人を親族といいます。親族は親戚と言われることも多々あります。親族としては血縁関係による人(父・母・兄弟・祖父母など)と婚姻関係による人(配偶者の父母・子の配偶者など)があります。法律上では親族は6親等以内の血族(父・母・子・祖父母・兄弟など)と3親等以内の姻族(配偶者の父・母・自身の子供の配偶者など)、そして自身の配偶者となります。配偶者については血族・姻族のどちらにも属さず、自己と同列であるとされています。

親等とは

様々な場面で親等という言葉を耳にすることはないでしょうか。親等は親族との関係を表す言葉の一つで「〇親等以内」などというように使われます。親等は基本的に親子関係が1世代変わる事で1親等変わります。例えば自分から見て両親(父母)の場合は1親等となります。祖父母の場合は2親等となります。

血族と姻族

電話をかける(無料) 資料請求